生命保険の選び方|見直し無料相談

セット型の商品

日本の大手の生命保険会社の主力商品はセット商品がほとんどです。

死亡保障に医療特約や介護保障などの特約がセットになってコンパクトにまとまっているかのように見えますが、色々詰め込むことによって、保険料が高いということに気づかれないようにしているようです。

Page Top ▲

更新型

日本の大手の保険会社の主力商品は「更新型」と呼ばれ、10年ないし20年後に保険料が上がります。

Page Top ▲

保険料が高い

保険料はどうやって決めているかご存知ですか?

保険業法が改正になる前でしたら、日本の大手の生命保険会社はどこの会社のどの商品も同じ保険料でした。

しかし、保険業法が改正されてからは、保険料の差は最大で30%以上も出てしまっています。

Page Top ▲

転換

日本の大手の生命保険会社が喜んですすめる制度に「転換」と呼ばれるものがあります。

3年くらい保険を続けていると、その保険の担当営業レディは「お客様の保障の見直し」ということで転換した見積書を持って来ます。

Page Top ▲

保障の見直し

生命保険に入っている人の中で自分の保険の中身を知っている人は少ないようです。
なぜなら、すすめられるがままに加入している人がほとんどだからです。
特に、会社員で、職場に来ているセールスレディから加入した人は生命保険を見直して見ることをおススメします。

Page Top ▲

生命保険のカラクリ

「生命保険のカラクリ」という文芸春秋から出版された新書が、
2010年4月15日まで全文が無料でダウンロードできます。

Page Top ▲

生命保険の見直しの必要性

これからの時代は自己責任の時代です。自分のお金は自分で守ることが大事です。

Page Top ▲

主力商品を勧める

日本の大手の生命保険会社のセールスレディは、その会社の営業マンですので、当然その会社にとってメリットのある商品を売るように教育されています。

Page Top ▲

保険を選ぶポイント

保険を選ぶポイントは、

  • 自分の必要最低保障額を決める
  • シンプルな保険に入る
  • 複数を比べる

以上です。

Page Top ▲

管理人が保険を見直すまで

管理人は今でこそ、満足のいく保険に加入していますが、
それまでは、不満な保険に加入しているのにどうにもできませんでした。

なぜなら、主人が加入していた保険を担当していた、保険の営業の女性は、主人の職場に頻繁に来ていて、その職場ではなくてならない存在になっていたのです。

主人は同僚などの手前、その保険を解約するのはまずいという意識があったからです。

Page Top ▲